5.9号機ブラックラグーン3紹介

こんにちはヒソカです!

ブラックラグーンといえば
やはり初代の印象が凄く強いでしょう

自力でARTを勝ち取れるチャンスゾーン
パレットバトルとART中の超上乗せゾーン
ヘヴンズラッシュが特徴でしたね♪

特に天井は次回ボーナス成立まで
継続するARTへ突入+バレットバトル

6個ストックが確定という
超強力な使用でしたよね( `ー´)ノ

スポンサーリンク

ブラックラグーン3紹介

スペック詳細
BB/RB/ART初当り/出率
設定1 1/485/1/551/1/599/97.4%
設定2 1/452/1/551/1/594/98.9%
設定3 1/423/1/551/1/589/100.6%
設定4 1/366/1/551/1/572/104.0%
設定5 1/317/1/551/1/556/107.1%
設定6 1/284/1/551/1/541/112.3%

5.9号機、高射幸A+ART機
千円ベース 約34G
2000枚OVER率 約71.9%

5.9号機は一定の見返りがあり、
今まで偏っていた一撃性を薄め

コンスタントな返しを分配する
スペック特性だそうです!

5.9号機ARTは、その希少性
に加え、掲載されてる新概念!
「有利区間」を知っておきたいですね

「有利区間」
これは簡単に説明すると
純増につながるナビ区間のことで

最大1500ゲームに制限され
純増区間の圧縮にあわせて出玉分布
もこの尺にリサイズされ、

一部の台に偏っていた一撃性を
薄めた分どの台にも一定の
還元を分配する特長が備わるのです。

分かりやすく言うと
一撃10000枚は絶対ないが

1日いちばんの差玉(MY)
2000枚突破率は5.5号機以上

今回紹介したブラックラグーン3は
MY2000枚突破率は70%超
伝えらえています!

この2000枚の波が短い期間で
来れば万枚は出ると言う事なのかな?

まあその分落とし穴もあり
天井が無いのでパチンコ同様
どこまでも当たらない可能性があります

しかもブラックラグーンは
最初に記載してる数字見て貰えば

分かりますがARTが重い・・・
1日当たらない可能性もあります( ゚Д゚)

裏を返せばいつでも止められるし
ハイエナされる事も無いという事ですね

12月3日から導入開始されるので
今からホールで打つのが楽しみです!

ランキング参加中
応援ポチお願いします!
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク