ドンちゃん!Qちゃん!紹介です。

スポンサーリンク

こんにちはヒソカです!
今日は午後から暇になったので

映画を見に行きました!
銀魂

空知英秋の大人気コミックを、小栗旬主演、福田雄一監督で実写映画化。 作品情報: 公式サイト: (C) 空知英秋/集英社 (C) 2017「銀魂」製作委...

原作マンガは詳しくは読んだこと
無かったのですが

監督が『勇者ヨシヒコ』
福田雄一監督なんですよね!

勇者ヨシヒコは見ての通り
ドラクエのパロディなんですが

スライムとかハリボテで
作成してあったり

ボスキャラとの戦闘シーンを
紙芝居で省略したりと

あまりにもふざけすぎてるので
思わず笑ってしまいます!

ネットのカキコミでは

笑いすぎて、違う意味で
ハンカチなしでは見られない
と大絶賛されてますので

見てない人はぜひ見て欲しい
作品のひとつです!

ヒソカが一番笑った
天女の羽衣を手に入れるシーン

羽衣を取られると全裸になって
しまうので嫌がっている
小池栄子とのやりとりです!

そうだ銀魂はというと
まあ笑って面白かったのですが

どうして銀時の宿敵の高杉晋助役に
堂本剛を選んでしまったのか?

そこだけが納得出来ませんでした!
あくまで個人的な意見です・・・

さて今回はヒソカのスロット仲間
を紹介しようと思います!

ハナビ職人のドンちゃん

仕事はパチンコ店の役職者ですが
彼はハナビしか打たず

しかも毎月5~10万は
勝ってるそうです!

立ち回りは堅実でハナビの5しか
打たないと豪語しています。

もちろん5と判別出来た時点で
終日打ち切り!

1か2と判別すればすぐ止めて
帰るそうです!

未練打ちや遊び打ちはもちろん
パチンコも釘を見てよっぽど
開いてなければ打たないそうです!

研究熱心なうえ自分でも店で
設定を実際に考えているので

各パチンコ店の設定投入のクセも
なんとなくわかるみたいです!

ヒソカには絶対自分の店の高設定台は
教えてくれませんけどね・・・

もう一人もパチンコ店の店員で
Qちゃんというのですが

なぜQちゃんかというと
オバケのQ太郎に顔が似てるからです

Qちゃんは会うたびに
勝った話ししかせず

ヒソカ的には本当に
勝ってるのかどうか疑ってるのですが

まあたいていの人は
勝った話ししかしないで

自分の負けた事は覚えてないのか
一切話さないですけどね!?

Qちゃんドンちゃんと違い
ギャンブル中毒で遊び好き

競馬、マージャンなど
遊びまくっています!

その風貌から女遊びは
全然しないというかモテない
のでそういう事にはならないみたい

将来は雀荘のオーナーになり
1日中マージャンをしながら
暮らすのが夢だと言ってました!

その二人は先ほども書きましたが
パチンコ店に勤めていて
結婚もして子供もいます!

滅多に一緒に打ちには
行かないのですが、
たまにご飯や飲みに行ったりして

パチンコ店であった面白い話しを
聞かせてもらってます!

それをもとに記事書いたりしてるので
二人には大変感謝してますがね!

ドンちゃんは分からないと思いますが
Qちゃんは似てるので札幌のどこかの
パチンコ店で会えるかも知れません!





おまけヨシヒコセクシー編↓

応援ポチお願いします!
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク




コメント

  1. おまんちゃん より:

    きんたまの映画なんて面白いの?

  2. ヒソカ より:

    おまんちゃんさん
    結構に面白かったよ!

  3. コロ より:

    ドンチャン(´∀`)

    スタッフでそう呼ばれてた子いましたわ。

    前話したスタッフ。ホールスタッフにドンチャン呼ばれて あたしや店長は ハート様と呼んでました。( ´ ▽ ` )

    今は 相撲取りみたいです。ごっつぁんです!って感じ。笑

  4. ヒソカ より:

    コロさん
    そのドンちゃんにも会ってみたいもんです!
    ハートなみの体型とはそうとう太ってるんですね・・・

  5. コロ より:

    はい。デコ出して髪を一つにまとめてますが
    相撲取りに見えます。笑