あのプーさんの謎に迫るヒソカ!

それはまだヒソカ
某大手チェーン店アパレル会社
の販売員だった頃の話です!

長野県長野市の篠ノ井
というところにいたのですが

まあ若かったのでかなりその頃は
ふざけて仕事していましたね・・・

例えば店長がいない日には
店内のスーツ売り場全体で
野球をやってガラスを割ったり

子供が来店した時に配る風船とお菓子
を店の前を通る女子高生に配って
ナンパしてみたりしてました!

そんなユル~イ店の同僚に
オチさんという社員がいました!

オチさんは大柄で凄く汗かきです!
毛も濃いくイメージはプーさんみたい

といっても
見た目はそんなに可愛くなく
中国の出来損ないみたいな感じです!

プーさんはその独特の風貌にも
かかわらずそれ以上の特徴があります

それは極度に臭う体臭です!
しかも販売員としては致命的な欠点!

どのくらい強烈かというと
剣道のこての中の匂いぐらい強烈です

分かりにくい?では
汗臭さが染み込んで黄色くなり
臭くなったタオルみたいな感じです

実際にプーさんのYシャツの襟や袖は
すぐ黄色くなり買い替えるように
毎回店長に注意されてました!

そんなんですから
仕事に支障がでるわけです

朝はさすがにシャワーを浴びて
香水をつけてるので大丈夫なのですが

リミットが昼過ぎなのでそれ以降は
強烈な体臭の為、お客が寄り付かず
いつもプーさんの売上げはゼロでした

それでもノルマ制ではなかったので
プーさんはなんとか働けてました!

まあ個人の売上で報奨金がでるので
周りのスタッフに比べて
給料は低かったみたいですが・・・

しかし尋常ではないプーさんの体臭に
いつしか変な噂が立ち始めました!

プーさんの悪臭の原因は部屋に何か
隠し持ってるんじゃないか?

もしかして何か変なものを収集したり
何かの死体を保存しているのかも?

プーさんはその匂いゆえに誰とも
遊ばず仕事が終わればすぐ

社宅の部屋に帰り休日もなにを
してるか謎に包まれています!

それゆえそんな噂がいつの間にか
広がってしまったのでしょう

噂が社内だけでなくお客にも
広がる事を恐れた店長は急遽

プーさん以外のスタッフを集め
閉店後ミィーテングを行いました

店長
プーさんの噂の件だが
このままだとお客にも広がり

店のイメージダウンになる
なんか対策案はないか?

スタッフ
転勤させてはどうでしょうか?

店長
すでにプーさんのことは他の
店長も知っていてどこの店も
受け入れてくれない状態だ!

スタッフ
・・・・・

ヒソカ
そうだ!
このさいプーさんの部屋に侵入し
噂の真相を確かめましょう!

店長
おお!そうだな
ではヒソカ行ってくれるか?

ヒソカ
嫌です!
多分部屋に入ったら悪臭で
死んでしまう可能性があります!

店長
これは命令だ!
絶対に確かめに部屋に行け!!

ヒソカ
一人ではさすがに無理なので
社宅のスタッフ全員とならなんとか

スタッフ
・・・・・・
明らかに嫌な雰囲気が流れる

店長
そうだな全員で行け!!

スタッフ
え~
ムリ!むり!無理です!

店長
店長命令だ!
明日休みのやつは絶対に行ってもらう

ヒソカ
ホッ!
あ!明日休みだった・・・

早速翌日プーさんが出勤してる間に
ヒソカを含め休みの4人のスタッフが
プーさんの部屋を調べてみる事に

社宅なので予備のカギは店に保管
してあるので侵入するのは簡単です

しかしなかなかプーさんの部屋に
入るには勇気がいり全員がドアの前で
無駄話をし時間は過ぎるばかり!

ヒソカ
このままではどうしようもない
パッと入って確認しすぐ出よう!

完全防備で意を決して侵入!

予想以上のゴミ屋敷で
一同唖然としてしまうが

カーテンが閉められていて
薄暗い異様な雰囲気の中

何か匂いの原因の元は無いか
部屋を探索をしていると

一人のスタッフがウウ~とうめき声
とともにうずくまりました!

一同ビックリ!
なんか死体でも有ったのかと思いきや

そのスタッフが
もう匂いに耐えきりませんと
出ていいですかと訴え始めました!

探しても辺りはゴミしかなく全員が
すでに臭さの限界に来ていたので
開始10分ぐらいでギブアップ!

薄暗い部屋とまがまがしいゴミの山
強烈な臭いで4人ともかなりの
ダメージを受けてしまいました!

まあしかし結局は部屋には
ゴミしかなく噂はウソだった
と店長に報告し一件落着しました。

ヒソカはその後すぐ転勤になり
今ではその仕事も止めているので

いまでもその某大手チェーン店に
プーさんが居るかは分かりませんが

スーツを買う時に強烈な
臭いの販売員がもしいたら
それがプーさんかもしれません!

応援ポチお願いします!

にほんブログ村


スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク